☆WEST MINI-Z LINK☆ 店長のブログ

kyoshoミニッツをお客よりも楽しむサーキットショップ店長の日々の小ネタを綴ります。
WMLバイトのミニッツ初めてみた。「第3話/タイヤ交換編」【後編】
0
    前回のお話。

    WMLバイトのミニッツ初めてみた。「第3話/タイヤ交換編」【後編】のはじまりはじまり〜っ!!^o^)/

    前編では無事、ホイールとタイヤを外す事が出来ました。これから「ハイグリップワイド20°」を装着します。

     因みにタイヤの固さの違いを見分けるには上の画像の様に合わせ、側面から押すと(減ったタイヤでは比較出来ませんよ。)硬度が低い(柔らかい)タイヤの方がよりへしゃげます。右側が20°で左側が30°です。
     同じタイヤだとへしゃげ方も同じです。(上の画像はキット付属のハイグリップ30°です。)

     前にも書きましたがホイールにタイヤをはめる時は画像の段差がある側をホイールの内側のリムに合わせるようにします。タイヤの取り付け向きに注意です。

     先ずは左後輪から取り付けます。アクセルシャフトとホイールの軸受けがDカットになっているのが分かりますか?挿入の時にはこのDカット部分が合う様に気を付けましょう。

     ホイールナットでホイールをアクセルシャフトに固定します。作業のポイントとして、画像の様にホイールナットを、あらかじめホイールレンチに差し込んでおいてから、締め込む(締める場合は時計回り)と効率的だと言う事を覚えておいて下さい。

     左後輪は軽く止まる所まで締めこんでから、少し緩めておいて下さい。(約30度ほど戻す。)締めこんだままだと、アクセルシャフトの駆動負荷が大きくなってしまいます。

     今度は右後輪です。モーターに直結する小さいギヤをピニオンギヤ」、アクセルシャフト側の大きいギヤをスパーギヤ」と呼びます。

     ホイールの内側とアクセルシャフトの切り欠きが合う様にはめ、ホイールナットを締め込みます。コチラもナットは締め切ってしまわずに、ほんの少しだけ緩めておいて下さい。
     
     
     手で軽く回して後輪軸の回転に問題が無ければ作業完了です。

     早速、走行して付属タイヤとオプションタイヤの違いを感じて見て下さい。走り易いだけでなく、スピードもアップしますよ〜。

     言うてる間にボールベアリングへの交換とリヤタイヤの貼り付けで同じ作業せなあかんねんけどな〜。(笑)
    | wmltencyou | WMLバイトのミニッツ初めてみた。【連載企画第2弾っ!!】 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
    WMLバイトのミニッツ初めてみた。「第3話/タイヤ交換編」【前編】
    0
       「WMLバイトのミニッツ初めてみた。」うっかりしてたら、前回の「第2話」から1ヶ月以上もたっちゃってますやんっ!! 「第2話」の末文あたりで「引き」を作っていたんですが、(実はプロポのステアリングから手を離してしまう、と言う初心者の80%が当てはまるNG操作の事でした。)口頭で案外あっさり解消しちゃいまして・・・。第3話へのつなぎが出来なくなっちゃいました。(笑)
       
       なので、前回の「引き」は強引に無視して(笑)、第3回のはじまり、はじまり〜っ!!
       WMLバイトのミニッツ初めてみた。「第3話」は「タイヤ交換編」です。

       ミニッツEXシリーズのレディセットシャーシに付属するタイヤは前後ともに「ハイグリップ30°」と言う硬さのタイヤです。度数は20°が1番柔らかいゴムタイヤでグリップが最も高く、30°〜40°〜50°と数字が増えると固いゴム質になりグリップが下がります。
       カーペットコースではリヤタイヤ(後輪)に、ハイグリップ20°が最適です。(ウレタンコースではなぜかラジアル30°が適正です。)
       
       付属のタイヤでアクセルを握った時、リヤが滑って操作しにくい、と言う方はリヤタイヤをグリップの高い20°に交換して下さい。

      ホイールナットとホイールレンチ
       ホイールを外す所からはじめましょう。キットに付属しているホイールレンチを使います。シャーシにつけたままでもタイヤ交換は出来ますが、作業時のホイールやアクセルシャフトへの負担を考えるとホイールを外して作業する方が得策です。今後のメンテナンスにも役に立ちますので面倒臭がらずにチャレンジしてみましょう。

      回します。
      ホイールナットを緩めるには、左回し(反時計回り)でホイールレンチを回します。

      はずれました。
       はい、ホイールナットがはずれました。

      はずれました?
       ホイールをアクセルシャフトから外してみましょう。ここでよく見ておいて下さい。ホイールの内側には切り欠きがあり、シャフト側には突起が2箇所づつあります。取り付けの時にこのハメ合いを忘れないようにして下さいね。

       後輪の両側が外れました。ここでの注意点は左右のホイールの軸受けになるパーツが異なっている事です。右後輪、左後輪、それぞれの違いをしっかりと見ておいて下さい。

      注意?
       ここで、WML店長の「喝っ!!」が入りましたっ!!作業をする場合は必ず電池を外しておく事っ!!(最悪1本でも良いです。)

      タイヤをホイールからはずします。
       ホイールからタイヤを外します。この段階の注意点はホイールとタイヤの内側に段差があるのを確認する事です。と言う事はタイヤには「取り付け向き」があると言う事ですね。

       タイヤとホイールが完全に分離されました。細かいパーツもありますので、失くさないように注意してください。


      後編に続く〜
      | wmltencyou | WMLバイトのミニッツ初めてみた。【連載企画第2弾っ!!】 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
      WMLバイトのミニッツ初めてみた。(仮)「第2話/基礎練習編」
      0
         WMLバイトのミニッツ初めてみた。第2話のはじまり、はじまり〜っ!!
         まずは第1話のおさらいです。ミニッツ入門に最適のミニッツレディセットを購入し、走行の準備が整う所までレポート致しました。



          
         思い出して頂きましたか?それでは続いてミニッツだけではなく全てのラジコンで基礎となる楕円走行と八の字走行に挑戦してみましょう。これが出来るようになれば、サーキット走行も怖くありませんっ!!

        「第2話/ミニッツの基礎練習の方法と操作のコツ」

         少し広いスペースがあれば自宅でもどこでもお気軽に練習出来ます。
         大体2m間隔でパイロンなどの目印を置き、それを目標に楕円と八の字をイメージして走行してみましょう。^o^)o

         下のパート,瞭芦茲蓮▲潺縫奪弔まったく初めてのWMLバイトに、なんのアドバイスもせずに操作してもらいました。知ってることは「右手がハンドル、左手がアクセル」、と言う事だけです。(笑)


         大半の人がラジコンを始めたばかりの時はこんな程度の走りです。現在エキスパートな方々も始めてのラジコンはこんなものでしたっ!!初心者の方も恥ずかしがらずに練習あるのみっ!!

         ここでアドバイザーWML店長より、2つの指示がでました。

        .廛蹈(コントローラー)をトレーニングモードに設定する。(スピードが半分になるので操作を落ち着いて行えます。)
         >>>トレーニングモードへの設定の方法>>>
        プロポの電源を入れる時にアクセルをバックに入れながら電源スイッチを入れる。LEDが点滅状態ならトレーニングモードに入っています。

        ∩犧遒垢觧に限界状態で操作するのではなく、余裕を持って安全走行を心がける。基礎練習は速く走る事が重要なのではありません。ぶつけずに操作して自分の操縦能力の範囲を見極めて、それを少しづつ広げていく事が1番大切なことです。

         2つのアドバイスを肝に銘じて約30分間練習しました。

        〜じっくりと30分間練習した後の走行動画です。
         フラフラはしていますが、ぶつからずに落ち着いて八の字まで走れる様になりました。最初の動画と比べて下さい。2つのアドバイスを実践すれば約30分間の練習でコレだけ違いが出てきます。

         しか〜しっ!!よ〜く耳を澄まして下さい。ミニッツの操縦には聞こえてはならない悪魔の響きが聞こえていますっ!!


         第3話に続く・・・


        | wmltencyou | WMLバイトのミニッツ初めてみた。【連載企画第2弾っ!!】 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
        WMLバイトのミニッツ初めてみた。(仮)「第1話/後編」
        0
           〜「第1話/前編」のあらすじ〜
           ミニッツ初心者のWMLバイトは入門モデルに最適なミニッツMR-02EXシリーズ/レディセット(車体・ボディ・プロポ(コントローラー)がセットになった超お買い得キット)を購入。箱の開封、内容物の確認、電池の装填までを「意外にメンド臭いな〜。箱開けたら直ぐ遊べるんちゃうんや・・・。」と思いつつ作業を進めた。

          「第1話/後編」
          Д椒妊の装着もコツがあります。
          フロントボディマウント(前の差込部分)から先に挿入。
          その後に、サイドボディマウント(左右横の差し込み部分)を画像の様にボディを拡げながらはめ込みます。(ちなみに上の画像はフロントボディマウントが抜けちゃってるので悪い例です。笑)

          ┘好ぅ奪舛脇れる時、切る時に順番があります。
          走り始め・・・プロポ⇒車体の順。
          走り終わり・・・車体⇒プロポ
          以上の順番でスイッチのオン/オフ作業を行ってください。
          ※レディセット付属のプロポKT-18パーフェックスはスイッチボタンの方がバッテリー取出しボタンよりも小さいと言う謎の設計になっているので、目立つ方のボタン(バッテリー取出しボタン)を勢いで押してしまわないように注意する。

          スイッチオン完了っ!!「さ〜これでやっと走れるわ〜っ!!」と思ったのもつかの間、アドバイザーWML店長から「ちょっと待った!!」と一声。「かんたんガイドの3番をしっかりと読まんかいっ!!」

          まったく聞きなれない「トリム」と言う単語が・・・。
          はい、ここのボタンですね。

          出来るだけ平坦な場所で直進するようにトリム(ステアリングトリム)で調整します。
          スロットル(左人差し指がアクセル)はゆ〜くりと握って下さい。

          以上で走行前の作業が完了しました。「第2話」では実際に走行した動画を使って基礎的な練習方法を御紹介します。

          つづく

          | wmltencyou | WMLバイトのミニッツ初めてみた。【連載企画第2弾っ!!】 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
          【新連載っ!!第2弾】WMLバイトのミニッツ初めてみた。(仮)「第1話/前編」
          0
             先日、予告していたWML店長ブログの新連載・第2弾スタートですっ!!

             その名も「WMLバイトのミニッツ初めてみたっ!!」(仮)

             ミニッツビギナー、そしてこれからミニッツを初めたいと思ってる方々向けの、新連載企画ですっ!!  
             WML新人バイトが身をもってミニッツをはじめる所から経験し、最終的にはミニッツカップ「オープンクラス」で優勝を目指すっ!?と言う、黄金伝説的、ムチャ振り企画の記念すべき第1回がスタートですっ!!(笑)

             【第1話(前編)】ミニッツ購入〜とりあえず、電池入れるとこまで。

            ,泙此⇒Φい鮟个靴謄潺縫奪張機璽ットへ出かけてレディセットを購入するっ!!^o^)O

            逸る気持ちを抑え、落ち着いて中身を確認っ!!>>>車体・コントローラー(プロポ)・小物パーツ(意味不明)・書類(説明書?)

            書類のうちの「かんたんガイド」を手に取り、開いて日本語の箇所をよく読む。

            た涓鬚了惻通りにミニッツを取り出し、ボディを外す。プラスドライバーが必要なので用意する。(その事は書いてないので、ある程度の読解力が要求される。)

            ゥ灰ぅ弔魍阿垢里5分〜10分かかる。(力を入れすぎてシャーシを割らないようにしようっ!!)

            WMLでレディセットを購入すると単4電池が8本サービスで付いてくるのでそれを、プロポと車体(シャーシ)に入れる。(プラス、マイナスの電池の方向に注意)
            何の盛り上がりも無いまま(笑)、後編へ続く・・・


            | wmltencyou | WMLバイトのミニッツ初めてみた。【連載企画第2弾っ!!】 | 21:44 | comments(0) | - | - | -
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << May 2019 >>

            このページの先頭へ